×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ハマーの購入の注意点

ハマーはH2が人気ですが、ハマーを購入する場合の注意点を紹介します。まずはハマーのH2自体は6000CCなので、当然燃費は悪いです。そして、ハマーはトラック級の大きさを誇っているので、視界はよくないですし、見切りは一般的な車に比べると悪くなります。

また、ハマーはアメリカ車なので、当然日本車よりも故障がしやすいというのもデメリットになるでしょう。また、ハマーは日本車に比べ部品はやや高いですし、部品の納期にも時間がかかってしまいます。これらのデメリットをうまくカバーして国内でハマーを乗りこなしましょう♪

ハマーのH1とH2について

ハマーのH1は軍用の目的で作られていて、それを民間の車両でも採用したものなので、かなりサイズが大きめに作られています。それに対してハマーはH2が民間にはよく普及しているのですが、そのコンセプトとしては、かなりのスタイリングがあり、サイズが一回りハマーのH1よりも小さくしてあります。

三菱のパジェロにたとえるならば、ハマーのH1が普通のパジェロでハマーはH2がパジェロIOといえるでしょう。ハマーの価格で言えば、H1が大体10万ドルでH2が5万ドルくらいとかなりの開きがあります。

ハマーのH2は単なるトラックに外側を載せただけと批判する人がいるのですが、私はそんなことは思いません。H2もかなりの高級車であることは確かだし、乗っているだけでかなりのステータスを得ることができる素晴らしい車です。また、日本人がハマーを購入するとしたらH2になると思うのですが、メンテナンスが充実しているショップをしっかりと見つけましょうね。

ハマーのH3について

ハマーのH3を購入するとなると、まず車両価格が保険料や諸費用なども含めて560万〜570万前後くらいかかってきます。そしてさらに自動車税はハマーのH3は3.5リッターなので、年間で5万6千円になります。

また、大体ハマーのH3は月に100キロ走るとしたならば、ガソリン代は月に2万円から2万5千円くらいかかってきます。そして、ハマーのH3は高級車でかなり盗難にあいやすいので、車両保険の加入やセキュリティーも絶対に付けた方が良いでしょうからクリフォードなど有名な保険会社と契約をお勧めします。ハマーに取り付けるとなると費用は10万〜20万前後と高額になるのですが、それは必要経費として仕方ないでしょう。

ちなみに、ハマーを問わずセキュリティーを車両に付けるのは初心者では不可能なので、高度な電気の知識を持っているショップにもって行かなければなりません。とにかく、ハマーなどの高級車は盗難に気をつけなくてはならないので、安物の盗難警報装置でなく、セキュリティシステムをつけるようにするといいです。